補綴専門医について

イメージ図

厳正な基準にて認定された補綴治療のスペシャリスト

「補綴歯科治療とは?」のページにてご説明差し上げましたが、補綴治療とは、一般の方にとっては聞き慣れない治療かもしれませんが、実際にはあらゆる歯科治療と密接に関わっており、決して特殊な治療ではありません。ですので、どの歯科医院でも補綴治療は行っています。

しかし、ここで問題なのは、どの歯科医院でも補綴治療を行うことが出来ますが、その製作された補綴物のクオリティは同一ではないということです。この点に関しては、歴然とした差が出てきてしまいます。それほどまでに補綴歯科の世界は奥が深く、医師各々の技術や知識の習熟度には差があります。

歯科医師であれば全ての治療を完璧にこなせるというイメージを持たれていた方にとっては、少し悩ましいことかもしれません。「じゃあどうやって補綴治療の上手い下手を一般人が見分ければいいのか」と。

そこで現在、補綴治療の良し悪しを測る基準として存在するのが、日本補綴歯科学会が行っている「補綴専門医」の認定制度です。

※日本補綴歯科学会は、2013年に発足80週年を迎えた歴史のある由緒正しい学会です。

この補綴専門医の資格は取得するのが非常に難しいと言われています。まず受験資格を得るために下記に列挙する条件をクリアする必要があります。

  • ・日本補綴歯科学会に5年以上在籍する
  • ・5年間の間に10回以上学会に出席する
  • ・論文を2編以上発表する
  • ・学会にて2回以上の発表を行う

こうして受験資格を得た後に、補綴歯科治療に特化した治療終了後3年以上を経過観察した症例の発表、ならびに補綴歯科治療を終了した症例を10症例以上を提出し、口頭試問による試験を合格することによって、初めて「補綴専門医」を名乗ることが出来るのです。

また一度資格をとってしまえばそれが永久に付与されるというわけではなく、5年毎に更新が必要で、学会への出席や発表、論文の提出などを続けなくては資格が剥奪されてしまうのです。

発表症例

試験の際に提出した症例をPDFファイルにしてアップロードしております。興味をお持ちの方はご覧になって下さい。

『インプラント支持と歯根膜支持の補綴装置による咬合再構成の1例』

100人に1人という数少ない存在

補綴専門医の数1,222人

今現在全国で歯科医師は10万人以上いると言われています。その中で日本補綴歯科学会会員は6,560人、その中で補綴専門医は1,222人、さらに指導医という、補綴専門医を目指す歯科医師を指導する資格を有する医師は742名しかいません(平成24年3月31日時点)。おおよその数字ではありますが、歯科医師が100人いたとしたら、その中に補綴専門医の資格を有している医師は1~2名程度しかいないことになります。

当院の院長は、この補綴専門医と補綴指導医の資格を有しております。補綴物でのお悩みがある方は、是非ご相談にいらしてください。

参考      日本補綴歯科学会WEBサイト

ご予約・ご相談

03-3535-8883

メールでのご予約

このページのトップへ