予防歯科治療について

歯を"抜かない・削らない"ための「予防歯科」

当院には歯科治療を受けた後に噛み合わせの不調を抱えることになってしまった患者様が多く来院されています。虫歯になってしまった歯を削って詰め物をしてから急に顎や肩が痛むようになってしまった等、何気ない歯科治療を行った結果として噛み合わせの異常が引き起こされてしまうのです。もちろん当院ではその不調を快方に導くべく、精度の高い治療を提供するよう心掛けておりますが、どれだけ精緻な補綴物を製作することが出来たとしても、天然の歯に勝ることはありません。一度削ってしまった歯に元通りの機能を持たせることは、それほどまでに難しいことなのです。

ですので、当院では、そもそも治療で歯を削ったり抜いたりすることがなければ、噛み合わせの不調に悩まられる方がいなくなるのではないかという想いから、患者様には「抜かない・削らない」を目標にした予防歯科に取り組んで頂くことをお薦めしております。

歯の2大疾患である"虫歯"と"歯周病"。当院の予防歯科治療では、この2つのリスクから患者様を守るためのプランをご提案させて頂きます。患者様お一人お一人のお顔が違うように、口腔内の環境もお一人お一人異なります。それぞれ異なるリスクに応じた最適な予防プランで、"虫歯"と"歯周病"を予防しましょう!

歯科先進国スウェーデンでは「予防歯科」が常識!

スウェーデンイメージ画像

北欧の国スウェーデンが「予防歯科」の先進国であることは広く知られています。スウェーデンでは国家が積極的に「予防歯科」を推進しています。「予防歯科」という考えを国家的な歯科医療の方針とし、「予防歯科」のために歯科医院で診療を受けることを国民に義務付けたのです。結果として国民の「予防歯科」への理解が深まりました。その理解度の深さを表すデータがあります。

日本とスウェーデンにおける予防歯科への取り組みの割合の違い
ライオン調べ

これは一般の方に「予防歯科」に取り組んでいるかどうかをアンケートした結果です。日本とスウェーデンでは実際に「予防歯科」に取り組んでいる人の割合がこれほどまでに違っています。国家が推進した「予防歯科」がしっかりと国民に浸透していることがわかります。

一方で日本では「予防歯科」に取り組んでいる人は5人に1人にとどまっています。この数字の違いは、ただの意識の違いにとどまらず、後の歯の健康に大きな違いを生むことになります。

70歳時点における「残存歯数」の差

70歳の残存歯数のスウェーデンと日本の違い
ライオン調べ

上の図は、70歳の時点で何本歯が残っているかを調べた際の、スウェーデンと日本の違いです。親知らずを除いた一般成人の歯の本数は28本です。21本と、ほぼそのまま歯が残っているスウェーデンの状況と較べて、日本は16本と、かなりの歯を失ってしまっていることがわかります。「予防歯科」への取り組みの差は、このように実際に残る歯の本数として現れてしまうのです。

毎日の食事を美味しく食べるためには、おおよそ20本の歯が必要だと言われています。そうすると、残った歯の本数というのは、ただの数字ではなく、老後の生活の質=QOLの違いにも繋がってきます。

日本では、歯が抜けることは「老化現象」のひとつとして認識されているように思えます。しかし、歯が抜けることは決して不可避な「老化現象」ではなく、「予防歯科」への取り組み次第で防ぐことが出来るという風に認識を改めて頂ければ幸いです。

当院での「予防歯科」の5つの取り組み

これまでスウェーデンでの理想的な「予防歯科」について説明してきました。当院では、そんな理想的な「予防歯科」の環境を日本でも実現出来るよう、下記の5つの取組みを行っております。意識の高い「予防歯科」にご興味をお持ちの方は是非ご覧になってください。

ご予約・ご相談

03-3535-8883

メールでのご予約

このページのトップへ