専門医同士の連携による最高の歯科治療

患者様の一般歯科治療体験記 Vol.5

R.Mさん

性別       女性

お名前    R.Mさん

2010年4月

オーク銀座歯科クリニックに来院して以来、これまで10数年間悩んでおりました右奥歯が何の問題もなく使える(噛める)ようになりました。さらに嬉しいことは重なるもので、昨年末には結婚も致しました。治療も終盤にさしかかり表情も穏やかになったせいかもしれないと密かに思っております。同じような悩みを抱えている方がいらしたら、一度ご相談されるとよいと思います。以下はわたくしの治療体験記となります。来院をご検討されている方がいらっしゃいましたら、ぜひご一読ください。

☆きっかけ

わたくしがオーク銀座歯科クリニックを訪れるきっかけとなりましたのは、10代後半から悩まされていた右奥歯の痛みがいよいよ激しくなり、その頃他院で治療中だった左上の調子もあわせて悪く、いよいよ左右どちらも痛みで食べ物が噛めなくなってしまったことに始まります。当時、仕事もありましたので、なんとかしなければいけないと、「銀座(当時も銀座の歯科医院に通っておりましたので)」、「噛みあわせ」、「腕のよい先生」、「審美」というようなWEBの口コミや検索等から判断し、一度ぜひ難波先生に診て頂きたいと思い、クリニックにお電話しました。

☆初診

初診ではレントゲンを撮ったあとすぐに「右奥の詰め物をはずしてもいい?」と確認され、患部を診て頂きました(実はこれまで、どの先生もこの歯には触れてくださらなかったのです)。その後、わたくしが気づかないうちに仮の詰め物もはいっており、手際の素晴らしさに驚いたものです。当時は患部に物があたるとそれはもう激痛で、薬も効かず、触れなくても1日中鈍痛がひびく・・・しかも物が噛めない・・・という状態で来院しました。このため、「噛めるかどうかお煎餅をかじってみてください」と奥から出されたお煎餅を噛めたときには、感謝の気持ちで涙が滲みました。今でもあの時の感動を覚えております。これまで右奥歯についていろいろな先生に診て頂く機会もありましたが、処置の必要性はないのではないかという微妙な診断で、痛みは日ごとに増すばかりでした。ですがこの日、難波先生にお会いし、「この先生にお願いすれば良くなるかもしれない」と、確信のようなものを感じました。

☆治療

こうして、右奥歯については澤田先生を紹介して頂き数カ月かけて根管治療を行い、土台やかぶせ物を難波先生につくって頂きました。これと同時に虫歯治療と審美という観点から他の歯の治療も順次オーク銀座歯科クリニックで開始していきました。いつまでも白く健康な歯でいたいと常日頃から思いますので、審美面と機能面の両方を考え治療をすすめてくださる難波先生の存在は大変有難いと常々感じております。金銭的な部分では、口のなかに良い素材のものを入れますと費用がかかると思います。ですが、腕のいい先生に治療をして頂けるのであれば、たとえ少々高額になったとしても、ほんとうにきれいに、しかも使いやすく、口のなかを直して頂けるため、お支払いした金銭の額に見合った満足感は十二分に得られると思います。幸いなことに患者本人の治療ペースを尊重してくださいますから、費用といった面についても安心してご相談されるとよいと思います。

☆さいごに

難波先生をはじめクリニックの皆様はたいへん勉強家でいらっしゃるので、治療のため通いつめながら学ばせて頂くことが沢山ありました。治療の過程では状況が後退しているのではないかと不安になったり、プライベートでの悩みを処置室に持ち込んでしまったり等、結構めんどうな患者だったと思うのですが(笑)、そのようなときにもどっしりと向き合って頂き、その度量の深さと適切なアドバイスに何度気持ちが救われたかわかりません。また折りに触れお送り頂いたカードやお花にも大変感激致しました。末筆ではございますが、難波先生をはじめオーク銀座歯科クリニックの皆様、引き続き治療と予防に取り組んでまいりますので、今後とも是非どうぞ宜しくお願い申し上げます。

ご予約・ご相談

03-3535-8883

メールでのご予約

このページのトップへ