前歯の審美修復治療

患者様の審美歯科治療体験記 Vol.12

M.Fさん

性別       女性

お名前    M.Fさん

2009年11月

オーク銀座歯科クリニックへは、信頼している先生からの紹介でした。

愛知県に信頼している先生が居り、そちらに通っていたのですが、主人の転勤により通院が難しくなり、先生に相談した所、こちらを紹介して頂いたのです。

すでに自分の前歯が、かなり悪いのではないかと自覚していたため、今後、自分の歯はどうなっていくのだろうと大きな不安でいっぱいでした。パノラマレントゲンを撮った後、2時間近くカウンセリングを受けました。

カウンセリングでは、現在の歯の状態、今後の治療法、かかる費用と治療期間を丁寧に説明してもらい、とても安心したのを覚えています。遠くても、以前の歯医者に新幹線で通おうか迷っていた私は、こちらにお任せする事に決めたのでした。

治療開始です。上の歯、左1番の根本に大きな膿がたまり、左2番の方に広がって骨を溶かしているという事で、歯茎の上から切開し、病巣を取り除くという自分にとっては、大手術でした。炎症が治まるのを待ち、その2本は抜かざるを得ないということで抜歯、歯茎の落ち着くのを待って、ほぼ一年後の今、仮装着で連結ブリッジの差し歯が入った所です。

今後はかみ合わせの調整に入ります。私は、睡眠中の食いしばりが、かなりひどいらしく、以前、仮歯が外れてしまった事もある程なので、調整が難しいのかもしれませんが、先生は《トリガーポイント療法》というマッサージで、食いしばりを和らげ、かみ合わせを調整していくとおっしゃっており、少しワクワクしています。うまく自分にそれが合えばいいなあと思っています。

こちらに来て驚いた事が、ひとつあります。ストレッチプロという健康器具に乗り、足の間に本を挟んで一分間立つのです。「歯医者で一体何を・・・」と思いましたが、乗り終わった後、地面に対して、前のめりに立っている自分がいて、とても気持ちが良かったのです。重力に負けない体の作り方だそうです。先生は常に「重力に負けない体を作る」という事をおっしゃており、普段の姿勢、歩き方、無意識の癖について様々な事をお話して下さり、腰が痛くなったらすぐ、整体に行っていた私は、健康で老いるという事について、初めて深く考える様になりました。

今後は作った歯を出来る限り長持ちさせて、口の中を健康にしていく事が私の目標です。難波先生に出会えて良かったと思います。今後も宜しくお願いいたします。

症例写真

術前
術前

術後
術後

このページを読まれた方は次のページも読んでいます。

ご予約・ご相談

03-3535-8883

メールでのご予約

このページのトップへ