清潔感のある個室で最先端の歯科治療

患者様の一般歯科治療体験記 Vol.1

T.Iさん

性別       男性

お名前    T.Iさん

2005年2月

2年ほど前に以前治療した歯に付いていた銀歯が取れたのですが、騙しだましほったらかしていたら、とうとう痛み出してしまいました。この虫歯にお菓子のシガールが挟まった時は、あまりの痛さに顔面が真二つに裂かれたのかと思ったほどです。その様なわけで嫌々ながら歯医者に通うことにしました。今まで行っていた歯医者は、待合室で子供たちがわめきながら走り回っているようなところで、落ち着いて治療も受けられなかったので、今回は銀座でゆったり治療してもらうことにしました。

そこでネット検索を続けた結果たどり着いたのが、こちらのオーク銀座歯科クリニックさんでした。清潔感のある内装と個室での治療、あとは最先端っぽい器具が揃っているというところに魅かれ、ネット上で予約してみました。そして早速通院することにしましたが、毎回受付の林さんと歯科衛生士さん達がにこにこ顔で迎えてくれます。さらに個室ということで他の患者さんと顔を合わせることもほとんどありませんでしたし、予約の時間に行くと待たされることなく診察室に通されました。平気で患者を待たせるような病院には二度といけなくなります。

はじめに歯の状態を診てもらいましたが、先生の目で歯の状態を診るだけではなく、レントゲンと棒を歯に当てて虫歯を探すというドイツ製の虫歯検査機で徹底的に調べてもらいました。虫歯を感知するとフィーーーンと音がします。その結果フィンフィン音を発し、神経を抜かなくてはならない歯も出てきてしまい、暗い気持ちになりましたが、先生と歯科衛生士さん達に励まされつつ治療していくことになりました。

先生のお話では神経を抜いた歯は徐々に脆くなってしまう為、銀歯をかぶせるとその性質上、どうしても削った歯に隙間ができてしまい、そこからまた虫歯になる恐れがあるとのことでした。さらに神経を抜いた歯は当然痛みを感じないので、虫歯に気づかず悪化していってしまう場合があるということなので、隙間のできることが少なく丈夫で普通の歯と見た目が変わらないセラミックをかぶせることにしました。周りの人に「これセラミックよ」と自慢しなければ、誰にも治療した歯だとは気づかれないと思います。

さて治療の順序ですが、まず虫歯を削って神経を抜き、そこに薬を詰めて歯の土台を立て、歯の型を採って(糸を歯の間に巻き、歯を歯茎から浮かせることにより歯形をきれいに採ることができるそうです。詳しくは先生に聞いてください。)出来上がったセラミックをかぶせ、噛み合わせを治すというものでしたが、全ての工程において丁寧に治療していただけましたし、先生がどのような治療をするのか細かく説明してくれたので、安心して治療を受けることができました。さらに治療の合間に歯と体の関係に関する話や難波先生のプライベート話などを聞くことができました。

また単に歯を治療するだけでなく、今後虫歯を作らないように、正しいブラッシングも教わることが出来ました。私は今まで歯磨きに無頓着なところがあったのですが、先生に「磨いている」ということと「磨けている」ということは違うと一喝され、定期的に歯磨きぶりをチェックしてもらっています。

オーク銀座歯科クリニックさんは歯科治療だけでなく、予防歯科にも積極的に取り組んでいるようなので、歯を大切にしたい人にはお薦めです。

このページを読まれた方は次のページも読んでいます。

ご予約・ご相談

03-3535-8883

メールでのご予約

このページのトップへ