メタルフリー治療を受けて

患者様の審美歯科治療体験記 Vol.8

T.Aさん

性別       女性

お名前    T.Aさん

2009年5月

約1年にわたる治療を終えた今、歯磨きの際に本来の白い歯が並んでいるのを見るたびに、「本当に先生の治療を受けて良かった」とつくづく思っています。

私は平日はなかなか時間がとれないため、土曜日を利用して奥歯の銀のかぶせ物、詰め物を全てセラミックに替えてメタルフリーにしました。

今から15年以上前に別の歯医者で治療した銀のかぶせ物の周りの歯茎が、年齢とともに下がってきてわずかな隙間ができてしまい、近いうちにどこかの歯医者で診てもらおうと思っていましたが、特に痛みもなかったためそのまま日が過ぎていました。

そうこうするうちに、私の妻が歯の神経性の痛みで何件かの歯医者に行ったものの、なかなか治らずに眠れない日が続く中、最後の頼みの綱という思いで先生の治療を受けたとたんに完治したという状況を目の当たりにしました。

そこで、私も他の歯医者で既に治療を受け始めていたのですが、迷うことなく即座に先生に診てもらうことにしました。

まず、驚いたのは、オフィスの洗練された清潔感、プライバシーにも配慮された治療室、最新の治療器具等でした。もちろん、妻の歯の痛みを取り除いてくれた先生の腕の確かさを治療を受けるたびに、私も実感できました。

そして、先生を中心に、歯科衛生士や受付の方が非常に均衡のとれたチームワークを保ちながらそれぞれの責任を果たしており、その雰囲気が治療を受ける側の人間にも気持ちの良い形で伝わってきました。

また、今でもウェブサイトで先生のコラムを読ませていただいていますが、先生のお人柄がよく表れており、同時にスタッフの方々も含め日々切磋琢磨されている様子が窺え、会社で働く身である私にも励みになっています。

先生の治療を受ける過程で、「歯医者は虫歯になってから行く所」という今までの考え方がなくなり、人間ドックを毎年1回行う以上に普段から歯のメンテナンスをきちんと行わないといけないという考えに変わりました。

最近になって、歯を見れば健康がわかる、歯周病は病気の元などの言葉をよく目にしますが、私も実感を伴って理解できるようになった気がします。

さらに、背筋を伸ばして歩くことの大切さや、足を組んで座ったり頬杖をついたりすることが歯並びや咬み合わせに歪みをもたらすということも教えていただき、普段から意識して気をつけるようになりました。(まだ気持ちが緩むとつい足を組んでしまったりしていますが。。)

私は、メタルフリーの治療だけでなく、銀の詰め物をはずした時に見つかった虫歯の治療も受けましたが、何となく気になっていた歯の色を白くための「ホーム・ホワイトニング」も合わせて行いました。今までの歯医者ではホワイトニングをしても効果がないと言われ半ばあきらめかけていたのですが、自分の家で地道に行う形の「ホーム・ホワイト ニング」を勧めていただき、半年を過ぎたあたりで見違えるほどに白くなりました。仕事をする限り人と向き合うことは避けられませんが、歯が白くなったことで無意識のうちにかなりポジティブな気持ちになったのではないかと思います。

この1年、治療をしていただき本当にありがとうございました。今後もどうぞよろしくお願いいたします。

症例写真

術後
術後

術後
術後

このページを読まれた方は次のページも読んでいます。

ご予約・ご相談

03-3535-8883

メールでのご予約

このページのトップへ