噛み合わせ治療について

歯科治療によって引き起こされる噛み合わせの悪化

「噛み合わせ治療」とは、読んで字のごとく、上顎と下顎の噛み合わせに起こった異常を改善する治療のことを指します。噛み合わせの異常というのは非常にやっかいなもので、上手く噛めない、顎が不安定といった感覚的なものから、頭痛がする、首が痛む、腕がしびれるといった、実際に身体の他の部位に影響が出ることも少なくありません。

そして、患者様にとっては意外に思われるかもしれませんが、その噛み合わせ異常を引き起こしている原因として非常に多いのが「歯科医院でかぶせもの(クラウン、ブリッジ、インプラント、入れ歯等の補綴物)を入れたり、歯を削られすぎたり」することなのです。このように歯科治療によって引き起こされる噛みあわせ異常のことを「咬合病」といいます。

簡単なことでずれてしまう顎の関節

顎関節の筋肉図

そもそも何故、歯を削ってしまったり被せものを変えるだけで噛み合わせに異常が出てしまうのか。そのことから説明させて頂きます。

左の図を見るとわかりますが、下の顎は上の顎から靭帯などで吊られているという構造上の特徴を持っています。そして「1」の側頭筋や「2」の咬筋などを動かすことによって、下の顎を3次元的かつフレキシブルに動かし、様々なものを咀嚼出来るようにしているのですが、実はこの下の顎が自由に動くことが出来るという構造が、一度問題が起きてしまうと、「簡単なことでズレが生じてしまう」というデメリットに変わってしまうのです。

顎のズレを制御している咬頭傾斜(こうとうけいしゃ)

口頭傾斜

下の顎が自由に動けてしまう構造が顎をずれやすいものにしていると上で述べましたが、通常であればそうしたズレは生じないようになっています。それが咬頭傾斜(こうとうけいしゃ)というものです。

よく観察してみるとわかりますが、天然の歯のものを噛む面は平らではありません。右の図を見ればわかる通り、山と谷が連なるような形をしています。この山と谷のことを「咬頭傾斜」といい、これが自由に動くことが出来る下の顎がズレ過ぎないように制御しているのです。

咬頭傾斜を喪失させる歯科治療例

それではここで、下の顎の動きを安定させていた咬頭傾斜を喪失させてしまった典型的な歯科治療の例をご覧ください。

左

右

こちらは、当院にいらっしゃった、ある患者様の奥歯の模型です。右側の写真の歯を治療してから、上手くものを噛むことが出来ず、顎がずれ、口が開きにくいという症状がでるようになったそうです。p>

ここまでお読みになった方には一目瞭然だと思いますが、左の写真にはしっかりとした咬頭傾斜が存在しているにも関わらず、右の写真の方はまっ平らになっていて咬頭傾斜が失われてしまっています。治療によってこの咬頭傾斜が失われてしまっていたために、様々な症状が出てしまっていたのです。

こちらの患者様は、その後、右側の平らな歯に山と谷を作ることによって、噛み合わせが改善され、上記の症状が改善されました。

顎関節症&噛み合わせ治療センター

顎関節症&噛み合わせ治療センター

噛み合わせ治療に関してより詳しくお知りになりたいという方は、当院監修の「顎関節症&噛み合わせ治療センター」というWEBサイトを是非ともご覧になってください。噛み合わせ異常を克服された患者様の喜びの声や、治療法などについてより詳しい情報が掲載されております。

ご予約・ご相談

03-3535-8883

メールでのご予約

このページのトップへ