インプラント治療

インプラント治療イメージ図

補綴専門医✕口腔外科専門医による永続性の高いインプラント治療

インプラント治療をする際、何を基準に医院を選べば良いかわからないというご質問を患者様から頂くことがあります。確かに世の中には様々な歯科医院があり、ホームページ上で謳っているそれぞれの医院の利点は様々で、患者様にとってはどれが正しい情報かわからなくなってしまうかもしれません。

そんな患者様のために、こちらのページでは患者様が心の底から安心し、満足して頂けるインプラント治療がどのようなものかをご紹介させて頂きたいと思います。それが「補綴専門医✕口腔外科専門医」によるインプラント治療です。補綴専門医、口腔外科専門医それぞれが持ちうる技術を発揮し、ひとりの患者様の治療にあたるという、インターディシプリナリーアプローチ(学際的)による歯科医療です。

この「インターディシプリナリーアプローチ」という用語が耳慣れない方にとっては、「インプラント治療は一人の歯科医師がやるものじゃないの?」という疑問が湧くかもしれません。実際に多くの歯科医院では全ての治療工程を一人の歯科医師が担当しています。もちろん症例によってはそれで全く問題ないものもあります。しかし、インプラント治療は多くの方が思っているよりも非常に奥が深い治療で、それぞれの治療工程で求められる専門知識・技術は非常に高度なものです。難しい症例になればなるほど求められるものも高度になっていきます。

インプラント治療は、例えて言うならば「家を建てる」ことに似ています。家の基礎を作り、柱を立て、壁を塗り、屋根を組み、内装を整える。スペースは口腔内という非常に小さな空間ではありますが、そこで行われていることは非常に高度で緻密な作業です。では、そんな「家を建てる」という仕事を一人で全て行うということは現実的でしょうか?建築現場には必ず様々な分野の職人が集い、共同で一つの家を建てて行きます。一人で全てを担うなどということは不可能です。そして、これはインプラント治療も、実は同様なのです。インプラント埋入手術(口腔外科専門医)、上部構造製作(補綴専門医)、それぞれの工程を、それぞれの専門知識と技術を持った人間が担当することによって、より安全性が高く、満足度の高い治療にすることが出来るのです。

このように言っている私も、昔は、全てを自分で出来るんじゃないかと思っていました。しかし、自分の専門分野である顎関節症・補綴歯科・噛み合わせ治療の知識・技術を深めていけばいくほど、その奥深さに驚愕し、歯科医療の全ての分野を一人でカバーするのは無理があるのではないかと考えました。自分自身は補綴専門医・噛み合わせ専門医として、最高の噛み合わせを提供することに従事し、外科手術に関しては口腔外科の専門医に任せるということが、何よりも患者様の一番の利益になると考え、現在の医療体制を構築するに至りました。

もちろん症例によっては二人以上の専門医が治療を担当することになるため、費用はそれだけ高額になってしまいます。しかしこの医療体制では、それに見合った安全性と満足度を、そして永続性の高い治療を提供することが出来ます。難症例と言われるものであればあるほどこの医療体制は真価を発揮します。別の歯科医院で治療が難しいと言われた患者様は是非一度ご相談にいらっしゃってください。

口腔外科の専門医・指導医による外科手術

インプラント手術担当医:髙田 訓(たかだ さとし)教授

高田訓先生(奥羽大学歯学部教授)

インプラントを埋入するための外科手術には非常に高度で精密な技術が必要になります。特に骨造成が必要とされるような難症例の場合に必要とされる技術は、通常のインプラント手術に比べて格段に上がります。難症例というだけあってケースが少ないため、一般の開業医が必要とされる技術や知識を獲得するのは並大抵のことではありません。そんな現状を鑑み、当医院では外科手術を外部のスペシャリストの先生に担当して頂き、全ての工程において患者様が安心できるような最高品質の治療を提供できる体制を採用しています。

当院で難症例のインプラント外科手術を担当して頂いているのは、奥羽大学歯学部口腔外科学講座の教授である高田訓(たかだ さとし)先生です。高田先生は口腔外科の専門医・指導医であり、奥羽大学歯学部附属病院のみならず、日本全国の歯科医院に出張し、数々のインプラントの難症例の手術を成功させてきた、国内でも有数のインプラント手術のスペシャリストです。

他院で難症例のためにインプラント治療を断念された方、また最高品質のインプラント手術をご希望の方はお問合せください。

略歴

  • 1989年  奥羽大学歯学部卒業
  • 1993年  奥羽大学歯学部助手
  • 1999年  奥羽大学歯学部講師
  • 2002年  奥羽大学歯学部助教授
  • 2007年~  奥羽大学歯学部教授

補綴専門医による機能・審美を兼ね備えた被せ物

噛み合わせ診断

当院でのインプラントの被せ物の製作は、補綴専門医であり、噛み合わせ認定医でもある当院の院長が担当させて頂きます。

インプラントに装着する被せ物にとって一番重要なことは、失われる前の歯が口腔内で担っていた機能をいかに再現出来るかです。元の歯がどのように他の歯と接触しどのような機能を果たしていたか分析し、それを補綴物のデザインに落とし込む必要があります。ここでミスをしてしまうと、歯同士の正常な接触が行われなくなり、装着した被せものが壊れやすくなったり、噛み合わせの異常が引き起こされる可能性もあるのです。

当院の院長は噛み合わせ治療のスペシャリストとして、これまで数多くの不良補綴が装着されている患者様の治療にあたり、壊れてしまった噛み合わせを改善してきたという実績がございます。是非とも安心して補綴物の製作をお任せください。

院内技工士との綿密な連携による精度の高い製作

技工士

インプラント治療の成功は歯科医師によってのみもたらされるものではありません。上部構造を実際に形造る歯科技工士も重要な鍵を握っています。

オーク銀座歯科クリニックには院内に歯科技工士が常駐しております。多くの歯科医院が補綴物の製作を外部の歯科技工所に委託している中、歯科技工士が常駐という体制は珍しいかもしれません。

このことにより、補綴物の製作にあたって、歯科医師と歯科技工士が何度も何度も密にやりとりをすることが可能になります。特にシビアな噛み合わせの調整が必要な場合は、このことが非常に大きなメリットになります。

結果として患者様にとって非常に満足度が高く永続性のある補綴物を製作することが出来ております。

プロフェッショナルな歯科衛生士によるメインテナンス

手術が終わり被せ物の装着が完了したからといってインプラント治療は終わりではありません。むしろその後の定期的なメインテナンスこそがインプラント治療成功の鍵を握っているといっても過言ではありません。せっかく高額な治療費をかけて歯を取り戻しても、メインテナンスをサボってしまっては、また歯を失ってしまうかもしれません。インプラントは、継続的にメインテナンスをするからこそ、5年、10年という使用に耐えることが出来るのです。

当院では、患者様のお口の状態を検査することによって、患者様がどのようなリスクを持っているかを正確に認識して頂き、それを元にそれぞれに適したメインテナンスプログラムをご提案させて頂きます。そして、当院に在籍する高度なスキルをもった歯科衛生士による定期的なクリーニングによって、インプラントの永続性を高めていきます。

インプラント治療を機に、これまでの口腔内の環境を見直してみようとお考えの方は、是非ご相談にいらしてください。

インプラント治療例

術前
術前

術後
術後

レントゲン写真
レントゲン写真

ご予約・ご相談

03-3535-8883

メールでのご予約

このページのトップへ